電子機器製造 × ネットワーク設備

データキャプチャ、制御、通信からクラウド管理までを網羅した完全なソリューションが
現場の情報孤立を解消します。

スマートファクトリーは工場の情報化発展における新たな段階であり、設備のネットワーク接続はスマートファクトリーに向けた第一歩です。しかし、電子機器製造業工場の工作機械設備は種類が多く、異なるメーカーやプロトコルを使用する設備の状態のモニタリングは特に手間がかかります。そうした設備状態のデータを管理システムに送信し、データのさらなる分析と遠隔監視制御を実現するとともに、プロセス管理の効率向上においても運用コストをいかに節約するかということは、管理者にとって大きな課題となっています。

Industry 4.0 のニュースレター

最新のスマートファクトリーに関する視点と情報をお届けします!

F1

設備情報収集

電子機器製造工場の工作機械設備は種類が多く、導入時期もさまざまであり、これまで設備に関する情報を別途取得するには製造元のサポートが必要であったり、専門スタッフを配置してプロジェクト開発を行ったりする必要がありました。
F2

プロトコル変換とシステム統合

電子機器製造業の発展に伴い、機械メーカーとプロトコルは多元化され、統合が容易でなく、機械間の相互通信、上位管理システムへのデータアップロードが困難になっています。
F3

遠隔監視制御と管理

電子機器製造工場は広く、設備数も多いため、作業員が巡回してチェックする従来の方法では効率が悪く、コストが高くなります。企業の発展ニーズに対応しきれず、突発的な状況にもすぐに対応することができなくなっています。

スマートファクトリー発展の第一歩-設備情報統合ネットワーク接続

525x350_3

工場内の多様な設備を接続し、リアルタイムのリモートシステム管理とモニタリングを実現

多様なシリアルデバイスサーバとIoTコアソフトウェアWebAccessを利用して工場内のあらゆる制御プラットフォームを統合、データを中央制御コンピュータに送信して機械の状態を一元的に把握することができます。多様なマシンが広い設備内に導入された電子機器工場でも、状態の確認のために作業員を配置することなく、リアルタイム遠隔管理を実現します。通信プロトコルや規約の制限も受けません。

既存のPLC、計器信号、通信プロトコルおよびシステムの統合

通信プロトコル変換プラットフォームにより工場のさまざまな国、メーカー、新旧度合いの異なる設備コントローラおよびセンサを接続し、複雑なプロトコルと信号ソースを効果的に統合して、マシン間の相互通信の困難、情報の共用不能という難題を解決します。統合後は容易に上位の管理システムに接続でき、オートメーションと情報化が達成されます。
525x350_2
525x350_1

閉鎖型機器、設備機器のデータキャプチャ
能力を確立

データ収集モジュールまたはデータキャプチャカードの追加導入により、最もコスト面で優れた方法で各設備の監視制御能力を獲得できます。工場の重要な設備の動作状態を迅速に統合し、設備利用率、現在の動作状態、故障率等の情報を完全に把握できます。設備とその他設備及び上位管理システム間のコミュニケーションを可能とし、情報の孤立を解消します。

インダストリ4.0実現のヒント-電子機器製造業の事例

リアルタイム監視ソリューションによる、CNCマシン利用率の向上

現在はCNCマシンに置き換えられている従来のマシンと共に、工場管理者はコスト管理を維持しながら、これらのマシンの生産性を最大化する必要があります。アドバンテックのリアルタイムで安定した監視ソリューションは、正常動作を保証するための産業グレード機能を提供し、ユーザーは工場管理を強化して生産効率を改善するために、迅速かつ柔軟にADAMモジュールを実装できます。

 

工場既存のネットワークを多大なコストをかけずに安定したネットワークへ

ウェーハ生産データ収集 サンプリングレートの向上

ウェーハ製造は難しく複雑ですが、より迅速な生産が可能になるよう新しいプロセスは各段階での開発と検査に対応した設計が必要です。アドバンテックの高品質な製品ランナップは、顧客のニーズを満たすだけではなく、より多く生産を可能にし、スクラップを削減し、稼働時間を向上させることができます。

 

製造工程の課題を解決し、歩留まりや生産効率の改善。

 

自動車部品工場におけるSCADAシステムとMESのシームレスな統合

いかに情報を収集するかが管理システム開発成功のカギを握ります。効率的に生産状態や機器のデータを収集することのできるアドバンテックのSCADAソフトウェアと、堅牢性と安定性を誇る産業用製品を採用することによって、システムインテグレータは保守作業の労力とコストを削減することが可能になります。これにより、生産ラインを簡単に監視・管理できるだけではなく、エンドユーザーはワークフローの改善や生産性の向上まで可能になるのです。

 

SCADAにより産業機器や製造プロセスを効率的に制御・監視

オンラインセミナ-コネクテッド ファクトリ

将来の製造の重要な部分を担当するスマート工場の目標の一つは、企業が資源を効率的に­管理できるように意思決定者にとって意味のある情報を提供することです。 MESの生産試験装置、機械の自動化/整備、工場の環境モニタリングなどの目標が達成­されるために、スマート工場を5つの領域に分けることができます。オンラインフォーラ­ムを介して、スマート工場の未来を最初に体験することができます。