DeviceOnで
デバイス管理を最適化

IoTアプリケーションの利用が拡大する中、デバイスを管理する重要性はますます高まっています。アドバンテックのDeviceOnソフトウェアは、インテリジェントネットワークやAIベースの検出ソリューションによってデバイスの監視や予防メンテナンスを可能にします。DeviceOnを活用いただくことで、お客様はIoTデバイスを安定的に動作させ、簡単に管理することが可能です。

主な特長

DeviceOnは革新的なプラグ&プレイメカニズムによって、高速かつシンプルな設定でエッジデバイスを接続し、データの取得、ステータスの可視化などを迅速に行うことが可能です。DeviceOnは、非常に効率的にIoTデバイスを運用、管理できるよう設計されています。

  • デバイス管理
    • セキュアなデバイス登録
    • リモート監視&制御
    • 自動アラート通知
  • OTAリモート更新
    • ソフトウェア、ファームウェア、およびコンフィギュレーションファイルの更新
    • アドバンテック製品のBIOS更新
  • AI顔認証
    • リアルタイムの顔認証
    • 名前・性別・年齢・感情で識別可能
DeviceOn関連記事
  • 製造業におけるIoT開発をどう加速化させるのか?

    製造業の作業効率を最大化するため、様々なデバイスを接続し膨大なデータを取得することで、リアルタイムに管理&制御を行うIoTインフラの現状とは。

  • 余剰な機器はIoT管理に問題を引き起こすか?

    管理者が現場の最前線の機器のステータスを理解して制御することで、運用および生産ラインの効率が決まります。

動画一覧
DeviceOnのエキスパートによるデモ動画(英語版)

DeviceOnの紹介、デモ動画。管理・監視・リモート更新・アラート通知を設定できるツールです。

動画一覧
Microsoft Azureとの協同(英語版)

Microsoftと協同することで、アドバンテックがどのようにDeviceOnを市場へ投入してきたのか、当社ディレクターのLouis LuがMicrosoft IoT in Actionの取材に応じました。

動画一覧
IoTを販売する上でのポイント(英語版)

オーストラリア支社のチャネルセールスマネージャSusie Chenが、DeviceOnのリアルタイム動作やトラブルシューティング、リモートパッチ更新について紹介します。

Azure Kubernetesで動作するDeviceOn

Azure Kubernetes Service (AKS)では、Azure上でKubernetesクラスタを簡単に構築することができます。Azureへオフロードすることで、Kubernetesを管理する煩雑さや動作負荷を軽減できます。Kubernetesのホストとして、Azureは健全性監視やメンテナンスといった重要なタスクを請け負います。

Kubernetes上でDeviceOnを動作させることは非常に簡単で、数千台にわたるデバイス管理でも数回の手順でコンテナやノードのスケールアップができます。さらに、セキュリティや性能を強化したい場合、Azure IoT HubやCosmos DBを活用できます。データをAzureクラウド上へ保存するため、Azureエコシステムにも参入しやすくなり、Azureの機械学習によるデータトレーニングも可能です。

  • デバイス接続で高いセキュリティを実現
  • オンデマンドな拡張性
  • Azure Paasの多種多様なソリューションと容易な連携
関連製品
  • AIR-100

    FaceView搭載 AI顔認識ソリューション

    • Intel Atom® E3950 CPU、Movidius™ Myriad™ X VPU搭載
    • リアルタイムでの顔認識、精度95%
    • ダッシュボードでVIP・ブラックリストを管理
  • EIS-S230

    どこでも使えるデータサービスサーバー

    • Intel® Xeon® E3-1275 V6搭載
    • Kubernetes(Ubuntu)・Windowsサーバーに対応
    • PCIe、COM、GbE
リソース一覧

IoTデバイス管理を最適化するバックエンドサーバー、およびWISE-AgentをはじめDeviceOnに必要な全てのリソースのダウンロードはこちらから。

カタログはこちらから

DeviceOnは、E2Iソリューション、データサービスサーバー、Microsoft Azureマイグレーションサービス、McAfeeおよびAcronis搭載のセキュリティソリューションと統合されたコラボレーティブなエコシステムで、IoTエッジインテリジェンスを実現します。